• papa@芦屋ファミリア

2020.穀雨



寒い日が続たこの春、桜の季節が終わるとなんだかもう夏の様相。

この時期「ごろたん」(茶屋さくら通に出店、丹後のオーガニック野菜販売)から頂く白子筍。洛西大江塚原でその朝掘ったもの。

あく抜きの必要も無く、茹でずにそのまま生(刺身)で。年に一度、舌で感じる春。


夏の日差しがイタイと感じだしたのが2010年頃。年のせいかと思ったりもしましたが、南極では例年より40℃高い気温を観測したり、北極の氷床は2035年には無くなってしまう予測だったり。地球温暖化が進んでいることからSDGsも声高に。 家のテラスの藤も、今年はもう咲き終わりの様子。 この筍はほとんどが祇園の料理屋さんへ行くため、一般的に流通しないもの。

気候変動でさらに希少なものになっていくのでしょうか。













そして芦屋本店の開店から2周年を迎えました。





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020.立夏

2020.清明

2022.春分