top of page
  • 執筆者の写真papa@芦屋ファミリア

2023.小満



玄関の風知草、春先に手入れして今年も青々と育ちました。この時期になると蕾がついて、夏になると白い小さな花が咲きます。昨年の今日はてんとう虫さんがやって来ていました。


今年は前の歩道に植栽を置いて頂いた(県民まちなみ緑化事業)ので、その手入れも。レモンの木にはあちこちにアゲハさんの卵があり、写真は脱皮したてのアオムシさん。鳥さんに食べられてしまう子もいるので、葉を全部食べられてしまう程はいないよう。

紫陽花の季節までの行楽日和、日中の紫外線(気象庁のUVインデックス)は北日本以外ほぼ「強い」にて、お散歩は早朝・夕暮れ時がベター。 レベル8以上になると「外出は出来るだけ控えよう」です。昭和の頃から比べるとレベル8の年間日数は倍増しています。 昼夜の寒暖差も激しい昨今、春バテ(今年初めて聞きました)などございませんように。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page