top of page
  • 執筆者の写真papa@芦屋ファミリア

2024.啓蟄


3月から休業日が火・水曜と祝日になり、以前土日は祝日でも開けておりましたがお休みになります。世間的には日曜が祝日だと振替がありますので、火・水曜が祝日だと振替で木曜休みにするかは思案中(3月21日だけなので)。


働きだした頃(1980年頃)はまだ週休1日、週休2日の先進国から「日本人は働き過ぎ」と隔週2日を経て週休2日(週40時間)に。ところが今や先進国は週休3日で1日6時間労働(週24時間)へ。労働時間を大方半減(40%削減)するわけですが、生成AIが登場してホワイトカラーの仕事も機械化・自動化されるDX時代。さらにAGI(汎用AI)が登場するであろう10年後には週休4日、シンギュラリティ(2045年)以降は週休5日、いや週休7日なんてことになるのかも。

そこで働き方改革、なんて話では無く、芦屋ファミリアが本業ではない(本業は月~金の業務で土日祝がお休み)ので無休状態の上に1日8時間なんてことじゃない(平均10時間)から、せめて祝日は全ての仕事を休みにしようというお話。 休みと云っても特にすることも無く(故に毎日仕事)、虫が這いだす季節なのに毛布にくるまったまま朝寝坊でしょうから、あられ(トム姉、保護猫13歳)に「ごはんはまだニャ💢」と猫パンチくらうことでしょう。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.春分

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page