top of page
  • 執筆者の写真papa@芦屋ファミリア

2022.立秋


「秋来ぬと目にはさやかに見えねども…(敏行)」 千年語り継がれる風雅を愛でる美意識。 一方、「そよりともせいで秋立つ事かいの(鬼貫)」と江戸の俳諧師。 千年前は涼しかったのか、はたまたやせ我慢なのか。


「石麻呂に我もの申す夏痩せによしというものぞ鰻とり食せ(家持)」 なんて痩せの大食い(石麻呂)をからかうような和歌。高貴な身分ではあっても、考えることは庶民と変わりなし。

中世、近世、現代と、世相風俗は随分と変わりましたが、移ろう四季とその風情は変わらず。暦は秋でも昼間の気温は鰻のぼり。


浴衣を着て夜の街を歩きますと「今夜どこかで花火ですか?」と聞かれます。 平日に和装の酔客なんぞ見るのは京都ぐらいでしょうか。 祭りぐらいしか浴衣を着る機会の無い21世紀。




閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.小満

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page