検索
  • papa@芦屋ファミリア

新会員制度

最終更新: 6月14日


店長トム、パピー時代

心身ともに傷を負った保護犬・猫を迎えたご家庭、ガンや難病の犬・猫と暮らす方々のために、いわゆる手作りフードではなく、業界標準であるAAFCO(米国飼料検査官協会)が定めた栄養ガイドラインにも準拠し、原料・加工において薬物・化合物を排除した『安全性』を最優先確保とした独自のガイドラインを定め、厳選した原料と最新の設備で厳格な製品管理を行い、「フルオーガニック完全栄養食」を製造(農林水産省登録)するため、2019年に事業法人「芦屋ファミリア株式会社」を設立、2020年4月18日に芦屋本店開店、一般販売を開始しました。

生産者価格(流通コストゼロ)を小売価格としてスタートし、動物愛護活動支援の一環として、愛護活動への製品無償提供、本店にて食事・医療に関するご相談も受け、食物に由来するアレルギーや病気、躾や飼育方法など、獣医師として正しい情報を提供し、犬・猫たちの日常生活を支援して参りました。

この一年で、キャットフードの開発、おやつ(ささみ、むねみ、砂ずり)の製品化、グレインフリーの製品化、そして目標としていたフレッシュフードの製造・販売に至りました。また、ドライフードの製法改良も行い、これも目標とする品質となりました。

開店以後に新型コロナの影響で原料の価格上昇(今年1月)にがあり、最低限維持可能な収益を下回ることとなり、製品価格の見直しと、会員制度導入を4月に実施しました。そんな中で百貨店より提携の申し入れがありましたが、製品を販売頂くことになるとは思っておりませんでした。(流通コストが無いため)

4月の改定後、百貨店で取り扱い頂く運びとなり、また海外販売のお話も出てきたため、流通コストと商品販売方法の再検討をすることとなりました。

人二人と犬一匹による製造・販売事業ですので、生産量にも限りがありますが、本来必要とされる方の手には届くようにしたいと考えています。検討の結果、「一般」の販売は百貨店を始めとする流通チャネルにお願いし、当社は保護・ガン・難病の犬・猫のご家族を「支援」することとして、支援対象のご家庭を会員とした特別価格(会員価格)にて提供し、会員制度も改めることとしました。

現在大丸松坂屋にて販売準備が進められており、その開始に合わせて販売価格の改定、新会員制度の開始(7月1日予定)を行います。ホームページでは新会員制度「支援販売のご案内」を先行して行い、現行会員登録済の皆様へは新会員移行について個別にご案内(6月中)させて頂きます。

従前の会員登録が少々手間であったため、現在停止している旧システムは使用せず、現行会員も新たに簡便な方法で再登録とします。また、コミュニティについては会員・非会員関係なく参加できる一般的なSNSの利用などを検討して参りますので、ご意見など頂ければと思います。

101回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示