おやつについて

おやつはありますか?

おやつとして、「ダイエットのためのささみ」(サクサクのジャーキー)、「元気になるむねみ」(パリパリのせんべい)と、「スープの香りに歓喜 砂ずり」があります。2022年4月より「元気ハツラツ しか」が加わりました。
フードと同じく成長ホルモン・抗菌剤・抗生物質を使用していない但馬地鶏のささみ・むねみ・砂ずり、散弾銃不使用捕獲の丹波鹿赤身のみを使い、天日干し製法による、調味料・保存料・着色料無添加のおやつです。

天日干し製法とは?

栄養として大切なたんぱく質は、高温で処理すると硬化・変質します。太陽光と同じ近赤外線放射光を使い、低温弱風環境で長時間(12時間以上)熟成乾燥することにより、素材本来の栄養素を壊さず、鶏・鹿本来の旨味があります。

イミダペプチドとは?

活性酸素を除去する抗疲労化物質。産官学連携の抗疲労プロジェクト(大阪市立大学研究チーム)により検証された、鳥類のむね肉、マグロやカツオの尾ひれ部分に豊富に含まれる成分。酸化ストレスによる老化、ガン化、生活習慣病発症の抑止にも期待。

おやつ「元気になる むねみ」50g袋入りに600 mg含有(成人1日必要量 225 mg)。

おやつはどのようにあげればいいですか?

そのままおやつとして、また粉末(又は小さく切って)にしてフードにふりかけると、フードをよく食べてくれます。小鍋で煮る(お水から)と、無薬無添加鶏肉の香ばしいスープとなり、ドライフードへかけてポタージュ風、シチュー風となり、肉はカットしてトッピングにすると驚くほどよく食べてくれます。

砂ずりはどのように使えばいいですか?

小鍋に10g程度(小袋はひと袋、大袋は1/5)の砂ずりジャーキーを500ml程度水から弱火でコトコト煮て、沸騰したら火を止めて冷まします。

できたスープはワンちゃんが「歓喜」する香りで、そのままでも、ダイコン、キャベツを加えて、充実したスープとしたり、スープをフードにかけることで食べムラのあるワンちゃんもフードをパクパク食べてくれます。

残りは冷蔵庫に入れ、また翌日お水を足して煮て冷まします。3~4回だしを取れ、砂ずりは白っぽく柔らかくなってますので、お好みのサイズに切ってフードのトッピング、おやつにどうぞ。

鹿はどのように使えばいいですか?

砂ずりと同じく小鍋で炊いて、スープと柔らかくなったらおやつやトッピングに。