品質基準・フルオーガニックについて

  • ​他製品との違い​​

​当社ペットフードは代表者である獣医師自ら企画・製造・販売しています。

世界的に標準としているAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準に準拠、さらに低カロリー・高タンパク、そして「フルオーガニック」(次項参照)を独自基準とし、人より臓器の小さな犬・猫のために人以上の品質を求めた「ヒューマンハイグレード」(次々項参照)製品です。


  • フルオーガニックとは?

自然そのままの産品で、化学薬品・農薬等を含まないもの、例えば農産物では有機農法、畜産では成長ホルモンや抗菌剤を与えないことなど、これらの一次産品を「オーガニック」と云います。加工品である二次産品(ペットフード)において、使用する原料すべてがオーガニックであることで、「フルオーガニック」と呼んでいます。当社がフルオーガニックを大前提にしているのは、原因不明とされるアレルギー(涙焼けなど)などの疾患が、原料由来の化学物質(化学薬品・農薬)であることから、ヒト同様に高齢化する犬・猫において、健康体を維持することによりその医療費負担を軽減し、より長寿であることを願うためです。​

  • ​ヒューマンハイグレードとは?

臓器は経口接収した食品に含まれる添加物・薬物が蓄積されやすく、凡そ病気の原因となります。一般的(他製品原料・スーパーで販売)な肉類は、肥育時に成長ホルモン・抗生剤などの薬物を投与されており、結果的にその商品に残存、食味試験として投薬と無薬の双方を比較すると、明らかに風味も異なります。そして犬・猫は人より臓器が小さく、人レベルの安全基準で考えることはできません。故に人以上に高い安全性を求めるものです。

  • いわゆる手作りフードと何が違うの?​

ご家庭で愛情いっぱいの手作りフード、そして「手作り」として販売さているものも安心感はあります。ただ、動物にはそれぞれに必要な栄養素があり、「手作り」とは異なることです。ペットフードについて日本では「フード安全法」の「安全基準等」として成分規格(安全性)、製造基準、表示基準はありますが、栄養基準はありません。そこで、業界的にはAAFCO(米国飼料検査官協会)が定めたガイドラインを基準としています。「Dog Life」「Cat Life」はこのガイドラインに準拠した栄養素も、化学合成では無く、天然素材により配合しています。​

  • ドライトとフレッシュの違いは?

原料を混合・加工し、できたての状態がフレッシュタイプです。加熱工程はありますが、水分を多く含んだ生の状態ですので、冷蔵庫で1週間程度、冷凍で6カ月程度の保存期間です。これを長期保存のために乾燥させたものがドライタイプです。専門検査機関による賞味期限検査を行い、1年と定めています。風味は断然フレッシュが良く、トム店長もフレッシュを好んで食べます。

  • ドッグフードとキャットフードの違いは?

​動物はその種によって必要とする栄養素が異なります。ドッグフードには猫に必要とされるアラキンドン酸タウリンが含まれていません。このため原料にキャットフードは鶏にを加えて、必要な栄養素を補完しています。

  • 成分表記にある乳酸菌発酵エキスとは何ですか?

乳酸菌を培養・発酵させて得られる分泌物で、必須アミノ酸やビタミン、オメガ3脂肪酸など、752種類以上の有用成分(財団法人日本食品分析センター調査)が含まれています。また、有害細菌を抑止(死滅)できる抗菌ペプチド(天然由来の保存料として各国で認可、詳細な資料は こちら)も含まれています。​​お肌や腸内環境を整える働きもあり、芦屋本店にて瓶入りの乳酸菌発酵エキス製品(60ml入り)も販売しています。口臭予防など雑菌繁殖の抑止としてもお使い頂けます。

  • 賞味期限はどの程度ですか?

専門検査機関による検査を経て、ドライフードは現在製造日から1年、おやつは6カ月で、パッケージに期限日を記載しています。開封後も冷暗所に保管頂き、使用後にきちんと封をして頂くことで、安心してお使い頂けます。

  • シニア(高齢犬・猫)用はありますか?

「Dog Life」「Cat Life」とも食べやすいフレッシュタイプがあります。また、ドライタイプはシニア(高齢犬・猫)でも噛み砕ける形状・固さに仕上げています。ご要望により、顆粒状・粉状に加工して袋詰めも致します。(内容量・価格は同じ)

  • ​療養食はありますか?

​成分は国際標準規格、カロリーは控えめリン値は低い設定にしています。療養食としてお使い頂くかについては、かかりつけの獣医師とご相談ください。